【アクセス】五島列島・福江島(下五島)への行き方を出発地別にご紹介!

スポンサーリンク
九州
http://www.nomo.co.jp/taiko/guide.htmlより引用
スポンサーリンク

長崎県の西に位置する離島・五島列島。2018年6月には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産にも登録され、注目が集まっています。本記事では、そんな五島列島の中でも下五島の中心地・福江島へのアクセス方法をご紹介!アクセスがちょっと複雑なので、旅行前にしっかりとチェックして行ってくださいね。

▼旅行レポートはこちら!

スポンサーリンク

上五島に行く?下五島に行く?

五島列島とざっくり言っても島の数は大小合わせて152もあり、意外と広いんです。そのため、五島列島に旅行に行く際は、まず五島列島の「どこに」行くのかを決める必要があります。

これだけ多数の島からなる五島列島ですが、ざっくりと中通島などからなる「上五島」と、福江島などからなる「下五島」に分けることができます。上五島に行くか、下五島に行くかで行き方が変わってくるので、まず最初にどちらに行くかを決めておきましょう。

今回は、下五島の中心地でもある福江島へのアクセスをご紹介します!上五島へのアクセスはこちらの記事でご紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

下五島(福江島)への行き方

福江島へは、ざっくりと
①長崎港から船で行く
②博多港から船で行く
③福岡空港から飛行機で行く
の3つの方法があります。

まずは王道ルート!という方は①、夜発・朝着便で時間を有効活用したい!という方は②、東京など遠方から行くのでとにかく移動時間を短縮!という方は③がおすすめです。

それでは、各ルートについて詳しく説明していきます。

長崎港から船で行く

長崎から下五島に行く場合は、長崎港から船に乗ります。船によってかかる時間や料金が違うので、よくチェックしてから行きましょう!

★ジェットフォイル

https://kyusho.co.jp/publics/index/41/より引用。ジェットフォイル「ぺがさす2」

旅行者の方に一番おすすめなのが、九州商船が運行するジェットフォイル。約1時間半で福江港まで行けるので、船の中では最速です。その分、料金も高くなりますが、時間を有効に使うことができます◎。

ダイヤは時期によって変わるので、事前に公式ページで確認しておきましょう。夏場は便数が多く、冬場は少なくなる傾向にあります。

旅行の場合、時間的におすすめの便はこちらの二つ。※日によっては該当便がない場合もあります
①7:40(長崎発)→9:05(福江着)
②11:30(長崎発)→12:55(福江着)
とにかく福江島でまるっと一日観光したい!という方は①がおすすめ。ですが、かなり朝早いので、移動時間を考えるとキツイ…という方は②の便で行くといいと思います。

料金は、大人6630円、子供3320円(2020年12月)。こちらも時期によって料金が前後するので、必ず公式ページで確認していきましょう。

予約は、乗船2ヶ月前から(2020年12月時点で、コロナの影響で1ヶ月前から)こちらのページでできるようになっています。もちろん、電話予約もOK。連休などは予約が埋まってしまう場合もあるので、早めの予約がおすすめです。

★フェリー

https://kyusho.co.jp/publics/index/41/より引用。カーフェリー「万葉」

料金を安く抑えたい!という方は、同じく九州商船の運行するフェリーがおすすめ。約3時間かかってしまいますが、料金はジェットフォイルの半額以下です。

こちらのダイヤは通年を通して固定。ただ、たまにドックダイヤの場合もあるので、公式ページで確認しておきましょう。

通常ダイヤの場合は、
・8:05(長崎発)→11:15(福江着)
・12:25(長崎発)→16:20(福江着)
・16:50(長崎発)→20:00(福江着)
の1日3便。

こちらは観光の場合は8:05発一択。なぜかというと。12:25発の便は奈良尾港(上五島の方)に寄ってから福江港に行くので、4時間近くもかかってしまうんです。

料金は、大人2670円、子供1340円(2020年12月)。こちらも時期によって料金が前後するので、必ず公式ページで確認していきましょう。

そして、こちらのフェリーは、車を運ぶことができます。なので、車を乗せて行きたい!という方はフェリー一択になります。ただし、3〜4mの普通自動車で片道20450円となかなかお高め…。往復で4万オーバーとなってしまうので、短期の旅行の場合は現地でレンタカーがおすすめです。

予約は、車を載せる場合のみ可能。人のみの予約はできませんが、まずいっぱいになることはないので、長崎港についてからチケットを買えばOKです。

博多港から船で行く

「長崎港まで行くのが大変!博多港から行きたい!」
「夜発・朝着の便で時間を有効活用したい」
そんな方におすすめなのが、野母商船の運行するフェリー「太古」です。

http://www.nomo.co.jp/taiko/guide.htmlより引用

運行ダイヤは、23:45(博多発)→8:15(福江着)のみです。途中、上五島の方の港にいくつか寄るので時間はかかりますが、ゆっくり寝ていればいいので楽ちん♪

料金は、4930円〜。指定客室を利用すると、4930円に以下の料金がプラスされます。

スイート (特別室)1室4名+17,600円
ファミリー (特別室)2室4名+9,600円
ツイン (特別室)16室2名+5,200円
グリーン寝台54席+2,200円
グリーン和室21席+1,500円
http://www.nomo.co.jp/taiko/guide.htmlより引用。ファミリー(特別室)

ちょっと贅沢な旅にしたい方はスイート、小さい子連れの場合はファミリー、安く抑えたい場合は指定客室は利用せず、と用途によって選べるのがいいですね。詳しくは公式ページをチェックしてみてください。

また、こちらのフェリーも車を運ぶことができますが、3〜4mの普通自動車で27350円とやはりお高めなので、旅行の場合は現地でのレンタカーをおすすめします。

福岡空港or長崎空港から飛行機で行く

最後にご紹介するのは、五島列島へのアクセスの中で唯一の飛行機!福江島には五島列島の中で唯一の空港「五島つばき空港」があるので、飛行機で行くことができるんです。こちらは東京などの遠方から来る方や、とにかく移動時間を短縮したい人におすすめ。

https://www.orc-air.co.jp/service/seat/より引用

五島つばき空港のサイトを見ると、福岡空港からは1日3便程度、長崎空港からも1日3便程度飛んでいます(2020年12月時点)。航空会社はORCオリエンタルエアブリッジ。ANAとのコードシェア便となっているので、ANAから予約することも可能です。普段はなかなか乗ることのないプロペラ機に乗れるのも魅力ですね。

料金は、通常料金で、福岡→福江 19260円、長崎→福江 11800円。早い時期に予約すれば、これに割引運賃が適用となります。

搭乗時間は長崎からは約30分、福岡からは約50分。料金は高くなりますが、船に比べてかなり短時間でつくのが嬉しいところですね。

.

以上、下五島・福江島へのアクセス方法をご紹介しました。それぞれにメリット・デメリットがあるので、旅の行程を考えて、最適なルートを選んでくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました