長崎県五島列島・2泊3日の旅〜1日目・福江島編〜

スポンサーリンク
九州
スポンサーリンク

長崎県の西の方に位置する離島・五島列島。「いつか行ってみたいな…」そんな思いを抱えつつも、これまで旅行地の候補にはなかなか上がらない場所でした。しかし、突然転勤で福岡に引っ越した私。行くなら今しかない!と思い立ち、ついに先日、念願の五島列島へ2泊3日の旅をしてきました。その様子をレポートします!

スポンサーリンク

下五島&上五島、どっちも行きたい!

今回の私の旅行計画は
1日目:長崎港から福江島へ、そのまま観光して福江島泊
2日目:福江島から上五島へ、中通島泊
3日目:中通島観光して、長崎港へ
という、下五島と上五島を両方行こうというルート。

計画を立て始めてから気付いたんですが、五島列島って思った以上に観光しづらい!そして計画立てるのが難しい!

船で行かなきゃならんので時間にかなり制限があったり、現地の足(レンタカーとか)も向こうで調達しなきゃいけなかったり、何より観光地としてまだそこまで有名&人気じゃないので情報が全然ないんです…(2020年12月時点)。

そんなわけで、この記事がこれから旅行に行かれる人の少しでも参考になればいいなと思います。。

まずはフェリーで福江島を目指す

まずは長崎港から船に乗って福江島を目指します。(さらっと書きましたが、朝5:00過ぎに家を出て長崎港まで行っています)

福江島へは以下のようにいろんな行き方があります。
長崎港からジェットフォイル(約1時間半)
長崎港からフェリー(約3時間)
博多港から太古(青方まで約6時間、福江まで約8時間)
福岡空港から飛行機(1時間弱、五島つばき空港のHPです)

この中で、私は「長崎港からフェリー」をチョイス。理由は値段が安いのと、初五島なのでフェリーでゆっくり行くのもいいかな〜なんて考え。ですが、たぶんメジャーなのは時間短縮になるジェットフォイル(6000円以上するけど…)。また、東京など遠方から来る方は時間節約のため、飛行機がおすすめです。

さて、このフェリー、事前情報ほぼなしで乗ったので乗ってびっくり。座席はほとんどなく(あるにはあるんだけど)、大半が座敷?みたいな感じなんです。

https://kyusho.co.jp/publics/index/41/より引用

朝8:00の便だったのもあって、みんな備え付けの枕と毛布を持ってきて雑魚寝。「あ、こういう感じね??」という新鮮な驚きでした。旅行客というより、地元の人や仕事で乗っている人が多そうでした。まぁすぐに私も枕持ってきて寝ましたが。

結局、船に乗っている3時間はほとんど爆睡して、景色を堪能するなんてことはありませんでした。一度乗ってみるのはアリだけど、次行くとしたらジェットフォイルか太古かなぁ…。

福江島に到着!ご飯を食べてレンタカーをピックアップ

11:15に福江港に到着。朝早かったのもあり、まずお昼ご飯を目指します。

この日の昼食は、五島牛が食べられる望月(食べログはこちら)」へ。

一見すると民家のようですが、大きい看板も出ているのですぐに見つけられると思います。

私は五島牛を使った牛丼(1000円くらいだったと思う)をオーダー。五島牛ステーキなどもあったのですが、なかなかお値段張るのでちょっと手が出せませんでした…。

でも牛丼もめちゃうま!他にも定食メニューがすごく充実しているので、五島牛目当でなくても行ってみるのも良さそう。地元の人もたくさん来ていました。

さて、腹ごしらえをしたらレンタカーをピックアップ。そして、これから五島に行かれる方に声を大にして伝えたいのが、レンタカーの予約はお早めに!!!!

運良く私は前日(遅すぎ)にニッポンレンタカーに電話して、1台だけ空いてた軽を借りれたのですが、まじで!離島で!足がないと!詰みます!!
福江はニッポンレンタカーやトヨタレンタカーなどの大手がダメでも地元のレンタカー屋があるのでまだいいんですが、特に上五島や福江島以外の小さい島に行かれる方は気をつけてください。

車も手に入れたので、いざ、観光へ!

福江島の教会巡りへ

水の浦教会

まず訪れたのは、真っ白な壁が印象的な水の浦教会。この日は快晴だったこともあって、青と白のコントラストがめちゃめちゃきれい…!残念ながらコロナウイルスの影響で中は見れませんでしたが、外観だけでも見惚れてしまうような教会でした。

教会自体の観光はそれほど時間かからないので、サクサクいきます♪

楠原教会

次に訪れたのは、水の浦教会のすぐ近くにある楠原教会。もともとは行く予定じゃなかったのだけど、時間に余裕もあるし…ということで寄り道。

水の浦教会とは打って変わって、赤いレンガが特徴的な落ち着いた印象を受けます。ところどころ改修はされているようですが、1912年築と歴史ある教会です。

こちらも中は見られませんでしたが、窓の隙間から覗くと、ステンドグラスから柔らかな光が注いでて幻想的。それほどメジャーな教会ではなさそうですが、時間があれば立ち寄ってみては。

道の駅 遣唐使ふるさと館

道中に発見した道の駅にも寄り道。(写真撮り忘れた…)

ここは長崎県初の離島の道の駅なのだそう。お土産を買うのはもちろん、福江島やこの道の駅がある三井楽町についての歴史が提示されていて勉強になります。

私もこの展示を読んで知ったのですが、「三井楽」は遣唐使の、日本国内での最後の寄港地だったのだとか。ちなみに、現在は三井楽(みいらく)と読みますが、当時は「みみらく」と呼ばれていたそうです。ここから中国へ向けて旅立っていったんですね…(しみじみ)

道の駅 遣唐使ふるさと館
HP:公式サイト
電話:0959-84-3555
住所:長崎県五島市三井楽町浜ノ畔3150-1

高浜海水浴場

さて、次に訪れたのは高浜海水浴場。福江島の中でもきれいなビーチとして有名な場所です。訪れたのが11月だったので、さすがに海には入れませんでしたが、きれいな海を見ながら砂浜を歩くだけで癒されます。

砂浜には可愛らしい貝殻もたくさん落ちていて、貝殻拾いも楽しみました。次は夏に来たいな〜。

井持浦教会

次は井持浦(いもちうら)教会へ。この辺りは五島の市街地からは反対側、西の端っこです。高浜海水浴場でゆっくりしていたら、かなり日が傾いてきました。

こちらの教会も赤レンガのシックな印象。現在あるのは、1988年に作り直されたものだそう。

また、井持浦教会はこちらのルルドが有名。1899年に作られた、日本で最初のルルドだそう。この霊水を飲むと病が治ると言われ、日本全国の信者の聖地となっています。

ちなみに、ルルドとはフランスにある村の名前で、そのルルドの洞窟で聖母マリアが初めて出現したと言われています。その「ルルドの泉」は病気を治癒する力を持っているのだとか。日本では、このルルドにちなんだ場所がいくつかありますが、この井持浦教会のルルドがもっとも有名なようです。

大瀬崎灯台

この日の最後に訪れたのは、福江島の西の端にある大瀬崎灯台。井持浦教会のすぐ近くなので、ここまで行かれる方は井持浦教会&大瀬崎灯台のセットで見るのがおすすめです。

「日本の灯台50選」や「日本の夕陽100選」にも選ばれたスポット。映画「悪人」のロケ地としても有名です。

こちらの写真は、展望台のような場所から灯台を撮影したもの。ここまでは車で行くことができます。(駐車場からちょっと歩くけど)

灯台のすぐ近くへも歩いていくことができます。が、この写真を撮った場所から片道20分となかなかハード。しかも写真を見て分かる通り、帰りは緩やかな登りです。往復40分(帰りを考えるともう少し余裕みたい)かかることを考えて、時間を計算して行ってくださいね。

私は時間的に無理そうだったので(帰りは真っ暗に…)この景色だけ見て帰りました。

夕食は「いけす割烹 心誠」

大瀬崎灯台を見終わったのが17時半頃。そこから約1時間かけて五島市街地に戻ってきます。(島の中心を突っ切るんだけど、普通にプチ山道、暗い)

ホテルに荷物を置いて(ホテルの紹介は後ほど)、いざ夕食へ!今日の夕食は「いけす割烹 心誠」です。場所はお昼を食べた「望月」の比較的近くで、中心部にホテルをとっていれば歩いて行けます◎。人気らしいので予約していくと安心。

何を食べても本当に美味しかったので、実際に食べてみて!に尽きるのですが、写真だけ載せておきます。

まずはお刺身、どんっ!

はこふぐの味噌焼きっ!

そして、五島牛の串焼き。

おまかせコースもあるので、頼むのめんどくさい!って人はコースもおすすめです。

いけす割烹 心誠
HP:公式サイト
Tel:0959-74-3552
住所:長崎県五島市福江町10−5

おしゃれな「GOTO TSUBAKI HOTEL」に宿泊

さて、今夜泊まるホテルは福江港の近くの「GOTO TSUBAKI HOTEL」です。2019年オープンの比較的新しいホテルなので、とってもきれい。オーシャンビューのお部屋も多数あるようです。

部屋自体は普通のビジネスホテルよりちょっと広いくらいかな?という感じですが、青を基調としたおしゃれ空間にテンションが上がります。(私が泊まった部屋は海とは反対側でした…)

壁には「アゴ(トビウオ)」が跳ねています。かわいい。一応(小さいですが)ソファーもあるので、部屋でもゆっくりと過ごすことができますよ。

▼ホテルについての詳しい記事はこちら

GOTO TSUBAKI HOTEL
HP:公式サイト
Tel:0959-74-5600
住所:長崎県五島市栄町1−57

..

こんな感じで1日目は終了。旅は2日目に続きます♪

タイトルとURLをコピーしました