【クルーズ旅行の服装】エーゲ海クルーズは、日焼け対策&防寒用の上着を忘れずに!

スポンサーリンク
クルーズ旅行の服装 ヨーロッパ
スポンサーリンク

私が新婚旅行で訪れたエーゲ海クルーズ。本記事では、エーゲ海クルーズ旅行での服装をお伝えします!
私が参加したのは、イタリアのコスタクルーズという会社のエーゲ海クルーズ。イタリア・ベネチアを出発し、ギリシャ(サントリーニ島、ミコノス島などの島々)、クロアチア・ドブロブニクを経てベネチアに帰ってくるプランです。旅行したのは初夏の6月で、なかなか暑い時期でした。同じ時期にクルーズに行かれる方の参考になれば幸いです!

服装以外のクルーズの持ち物については以下の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【観光中】とにかく暑い!日差し対策は忘れずに!

私は訪れたのは6月ということで、基本外はとても暑かったです。気温はおそらくそこまで高くないんでしょうが、とにかく日差しが強い!基本的には半袖+半ズボン(短パン・スカートなどでも)でOKです。私は下の写真のようなラフな格好が多かったです。

ミコノス島服装

日焼け対策用などで長ズボン着用の場合は、ワイドパンツなどのゆるっとしたものがおすすめ。私はスキニーを持っていったのですが、暑くて死ぬかと思った日が何日かありました……(;;)

また、日焼け止め・帽子・サングラスなどの日焼け対策グッズは必須!ヨーロッパはとにかく日差しが強いです。気温的に服は基本半袖でいいですが、焼けたくない人は薄手のカーディガンがあると重宝します。

【船内】結構寒いので羽織りものは必須!

そして、反対に船内は寒い……。特にレストランがとにかく寒かったです。少し厚手の上着を持って行った方がいいです。私はあまりに寒くて自分のカーディガン+旦那の上着を羽織ったりしてました。。

そして、個人的に持って行ってよかったな〜と思うのが、ユニクロのパッド付きワンピース!夏になると毎年出ているアレです。
これ、船内をウロウロするときにめちゃ役立ちました。ちょっとご飯食べてすぐ部屋に戻るときや、1日中移動の日(ずっと船に乗ってる日)などに着てました。着心地も楽だし、そこまで部屋着感満載でもないのでちょうどよかったです。持ってってよかった…。
下の写真がそのワンピース。場所は船の甲板にある日焼けスペースです。私は焼けたくないのですが、あまりに船内が寒くてここで暖まってました。。

クルーズ船内の服装

同じく船内ウロウロ用に簡単に脱ぎ着できるサンダルもあると便利。毎回、靴下履いてスニーカー履いて……って結構面倒なので。私はクロックスのサンダル(ちょっと可愛いやつ)を持っていきました。

私が持っているのは、これとはちょっと柄が違うのですが、形は同じもの。いかにもクロックス!感はなく、ほどほどオシャレで履きやすいので旅行の際にとても重宝してます。
(海に行った際のビーサン代わりにもおすすめです)

..

以上!私の経験からクルーズ旅行の服装をご紹介しました。
クルーズ旅行に行かれる方、迷ってる方の参考になれば幸いです。みなさま、素敵な旅を♪

タイトルとURLをコピーしました